土木・建築・運輸・産業廃棄物処理なら村上工業株式会社

会社概要

TOP > 会社概要

代表者あいさつ

ごあいさつ

この度は、弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
弊社の創業は、大正12年までさかのぼります。その後、昭和の初期~戦前・戦後をたくましく生き抜き、昭和29年には村上工業株式会社として再出発し、日本の高度成長の一端を担ってまいりました。
この間、弊社は一貫して土木事業・建築事業を中心とする開発に携わり、国立市の地元企業として多摩地域の発展にも寄与。土木工事機械の早期導入と安全管理体制を整えつつ、地域発展を念頭に時代のニーズに応えてまいりました。
一方で、土木事業における発生土の適正処理にいち早く取組み、100%リサイクルの土木資材として、改良土「ユニ・ソイル」の生産も手掛けております。
近年、地球温暖化の影響などによる大規模災害が市民生活を脅かしており、市民の安全・安心を確保するための「都市インフラ」整備の重要性が高まっています。
村上工業株式会社は、この面でも、弊社の蓄積した技術力を活かし、今後の日本の経済の発展、そして、地元の地域社会の発展を目指し、社員一同が心を一つにして邁進してまいります。今後とも各位の厚いご支援とご指導を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

村上工業株式会社 代表取締役
 村上隆秀

経営理念

村上工業株式会社の経営コンセプトは「充実した暮らしを創造する」ことです。
100年余りの歴史を積み重ねてきた弊社ならではの、技術力と安全・安心に関するノウハウの蓄積があります。
「長年培った技術力に磨きをかけ、多くの方々の充実した暮らしを創造するために、21世紀、さらには22世紀に向けて、未来の風景を創る」それが村上工業株式会社の目指す経営の姿です。

弊社が大切にしていること

  • 地域社会の一員であること。
  • 企業の社会的責任として、都市インフラの整備にしっかりと取り組むこと。
  • 企業活動を通じて、地域経済と日本経済の発展に寄与すること。
  • 村上工業の従業員をはじめ、協力企業の従業員の生活の向上を図ること。
  • 国立市の地元企業として、地域の安全見守り活動及び地域防災に協力すること。

経営方針

経営方針

社訓

社訓

会社概要

会社名 村上工業株式会社
代表者 代表取締役 村上 隆秀
本社 〒186-0005 東京都国立市西二丁目20-6 フォレスト国立B1F
千葉事業所 〒263-0002 千葉県千葉市稲毛区山王町67-2 セレブ山王B202
国分寺営業所 〒185-0014 東京都国分寺市東恋ヶ窪5-1-24 アメニティ107-108
運輸産廃事業所 〒186-0012 東京都国立市泉5-15-1
国立工場 〒186-0011 東京都国立市谷保1304-1
創業 大正12年
会社設立 昭和29年6月2日
資本金 2,000万円
営業種目 建築工事 土木工事
仮設工事 解体工事
造作木工事
骨材販売 木材販売
建設業許可 東京都都知事許可(特-24) 第5218号
(許可年月日 平成24年10月20日)
建設工事業 大工工事業
土木工事業 どび・土工事業 舗装工事業
一般貨物自動車
運送事業
事業者番号 460006743
産業廃棄物収集
運搬業許可番号
東京都 第13-10-023860号(積替え保管含む)
千葉県 第1200023860号
埼玉県 第1105023860号
神奈川県 第1402023860号
茨城県 第00801023860号
役員 代表取締役 村上 隆秀
専務取締役 辻 健治
取締役   佐久間 満
取締役   村上 哲朗
従業員 社員 61名
作業員 180名(協力会社含む)
自社保有ダンプ:10tダンプ 28台・タンク車 6台
年商 38億円
取引銀行 多摩信用金庫 国立支店
みずほ銀行 立川支店
三菱東京UFJ銀行 立川中央支店
取引先 ㈱淺沼組、大谷建興㈱、㈱大林組、清水建設㈱、スターツCAM㈱、㈱創建
大成建設㈱、大日本土木㈱、竹中工務店㈱、戸田建設㈱、飛島建設㈱、
巴コーポレーション㈱、㈱友菱、前田建設工業㈱ 
(※あいうえお順)
加入団体 全日本トラック協会会員
東京商工会議所会員
東京都トラック協会会員
東京廃棄物事業協同組合

法人会会員
地域活動 警視庁 警察署交通安全協会理事・常任理事・防犯協会会員
警視庁 警察署交通安全協会会員
警視庁 警察署交通安全協会会員
国立市 早朝、子どもの見守り活動参加
国立市 防災協定を締結

アクセス情報

  • 本社

  • 運輸産廃事業所

  • 千葉事業所

  • 国立工場

沿革

大正12年 都内本庄にて建築業を創業 創業者 村上鶴松
昭和18年 谷保村(現国立市)谷保に移転 
昭和25年 建築請負「村上材木店」を開業
昭和26年4月1日 谷保村が国立町となる
昭和29年6月2日 会社設立 初代社長 村上鶴松 就任
昭和38年 二代目社長 村上昭二 就任
昭和38年5月1日 初代社長 村上鶴松 市議会議員に当選、昭和46年4月30日まで二期務める
昭和42年1月1日 国立町が国立市となる
平成7年1月17日 三代目社長 村上隆秀 就任
平成25年4月 本社移転
平成25年3月 会社設立90周年式典を挙行
平成25年9月 千葉営業所開設
平成26年5月 運輸・産廃事業所開設
平成28年5月 国立工場完成
平成28年5月10日 オデッサシステム稼働

リンク集